本セミナーのテーマは

「やった!できた!」子どもも教師も自己肯定感を高める授業作り


 子ども達が「やった!できた!」と笑顔になる授業。「今の自分が好き!」「自分には良いところがある!」と自己肯定感を高めていく授業を実践するためのセミナーです。

 2学期うまくいかなくても、3学期巻き返すには、どう指導したらよいか。実際の授業場面や授業作りを許 鍾萬氏に教育実践の知識や指導の工夫などを提供していただきます。


1.日 時  

20181226日(

12:30受付開始 13:00~16:30


2.会 場  

港区民センター(大阪市港区)    


3.主 催  

NPO子ども未来ネット


4.参加費  

お申し込みいただいた方にお知らせします。


5.講座内容

13:0013:20

講座1 国語科で自己肯定感を高める授業作り キホンの“許(ホ)”

 許先生の学級の子ども達は「国語が楽しい」と笑顔で言います。誰もが苦手意識をもつ国語の授業。今、子ども達が「主体的・対話的で深い学び」を実現させ、活発な意見が生まれる授業づくりを求められています。「物語」「説明文」「詩」「漢字」「音読」をあきずに学び合い、自立した学び手を育てるための指導の入門講座です。

 

13:2013;40

講座2 算数科で平均95点以上をとらせる  キホンの“許(ホ)”

 許学級の子供たちは「算数が好き」と言います。算数嫌いを算数好きにしていく授業づくりを実現するキホンの第一歩です。さらに、様々な実践をもとにした具体的な手立て、学習の方法の手クイックを事例に基づいて紹介します。

 

13:4013:55 休憩

 

13:5514:15

講座3 社会科で自己肯定感を高める授業作り キホンの“許(ホ)”

 許先生は社会科が好きです。社会科の役目の1つは世の中の将来を支えていく人材を育てることです。子供達が社会を大好きになり、しかも力がつくような社会科授業はどのようにしていけばいいのか、子供達が「先生社会科って面白い!」と言ってくれるようになることを願った授業作りの第一歩です。

 

14:1514:35

講座4 わかる!できる!ICT&プログラミング授業作り キホンの“許(ホ)”

許先生はICT教育、プログラミング教育の最先端の授業作りをされています。「IICT? プログラミング授業?聞いたけどよくわからない。」そんな苦手意識をもたれている先生方に許先生がICT&プログタミングの授業作りのキホンの第一歩から具体的な手立てを紹介します。

 

14:3514:50 休憩

 

14:5015:10

講座5 特別支援を要する子の自己肯定感を高める授業 キホンの“許(ホ)”

 発達障がいの子ども一人一人の個性に合わせて上手に対応する許先生。子ども達の状態を見抜く視点をもち、基本的な指導技術のオプションを、その場に応じて組み合わせながら用いる工夫があります。各教科に通じる指導場面から役に立つ指導のキホンの入門講座です。

 

15:1015:30

講座6 自己肯定感を高める道徳の授業作り  キホンの“許(ホ)”

教科化に伴い、どのように学習指導要領が変わったのか、自己肯定感を高め「考え議論する道徳」を実現するいはどのような教え方があるかといった具体的な手だてについても紹介します。

 

15:3015:45 休憩15分

 

15:4516:30

講座7 QA